プリキャス利用規約

株式会社三駆(以下「甲」という。)と、甲が利用を許諾するソフトウェア「プリキャス」(以下「本ソフトウェア」という。)の利用希望者(以下「乙」という。)は、以下の条件に従い、本ソフトウェアの利用許諾契約を締結する。

第1条(ソフトウェア利用許諾条件)

1. 甲は、乙に対し、本ソフトウェアの利用を許諾する。
2. 利用料は、ウェブサイト(https://precas.net)のとおり定め、乙は、毎月末日または、指定日までに甲の指定する口座に振込み又は甲の指定する方法によって支払う。

第2条(利用期間)

1. 利用期間は、甲が乙に対し本ソフトウェアが複製されたUSB メモリ等(以下「本USB メモリ」という。)を引き渡してから1年間とする。
2. 本利用許諾契約は、甲又は乙が利用期間終了の1カ月前までに契約終了の通知をしない限り、1年ごとに自動更新される。

第3条(複製等の禁止)

乙は、本ソフトウェア及び本USB メモリを複製、転貸、修正、改変、翻案、翻訳、再販、頒布、譲渡してはならない。

第4条(著作権の帰属)

乙は、本ソフトウェアのプログラムの著作権が甲に帰属しており、本件合意によって複製等が認められるものではないことを確認する。

第5条(リバースエンジニアリングの禁止)

乙は、本ソフトウェアのリバースエンジニアリングをしてはならない。

第6条(インターネット接続の禁止)

乙は、本ソフトウェアを薬局等において患者から処方せんを受領し処方薬を提供する業務のためのみに用い、本ソフトウェアをインストールした端末をインターネット等、外部のコンピューターネットワークに接続してはならない。

第7条(目的外使用)

乙は、本ソフトウェアを薬局等において患者から処方せんを受領し処方薬を提供する業務の効率化を図る目的でのみ用いることとし、その他の目的に用いる場合には、甲の許諾を得なければならない。

第8条(免責)

甲が乙に対し損害賠償責任を負う場合、賠償額の上限は、乙が甲に対し支払った年間利用料の総額とする。

第9条(競業避止義務)

1. 乙は、本ソフトウェアに類似したシステム(以下「類似システム」という。)を作成し、又は第三者に作成させてはならない。
2. 乙が前項に違反した場合、甲は、乙に対し、乙が類似システムの作成(第三者による作成を含む。)によって得た利益の額を損害賠償請求できる。

第10条(契約解除)

甲及び乙は、相手方が本契約の条項の一に違反した場合、契約を解除することができる。

第11条(合意管轄)

本ソフトウェアの利用許諾に関する紛争の管轄裁判所は、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所とする。

以上