オフィスグリコ
先日、若い男性薬剤師さんとゴルフに行ったときの雑談です。

薬剤師(以下、薬)「ウチの薬局、お菓子買うためにお金徴収されるんですよ。」
私「お菓子って、休憩室で食べるのに?」
薬「はい。でも俺、お菓子ってほとんど食べないんですよね。」
私「あら。食べないのに払わされてるの?」
薬「はい。食べるのは女性ばっかりで・・・。なんだかなぁって感じです。」

私「だったら、オフィスグリコにしたら?」
薬「なんですか、それ?」

私「うーん、置き薬のシステムをお菓子に採用したと言えば分かりやすいかな?」
薬「そんなのあるんですか?」
私「うん、設置した引き出しにお菓子を数種類入れておいて、好きなものを選んべるの。
  お菓子を取るときに100円を料金箱に入れる。
  お菓子の補充と料金回収に係りの人が回ってくるのよ。」
薬「それ、いいですね。」
私「グリコに連絡してみれば?」
薬「でも今はその薬局から異動になったんですよね。」

ちゃんちゃん。

休憩室にお菓子があるのは良く見ます。
私はてっきりお土産やもらい物ばかりだと思っていました。
この男性薬剤師がいた薬局は彼のほかはすべて女性だったそうです。
食べたい人が食べる分だけ払うオフィスグリコのシステムは良いシステムですよね。
今、ウェブサイトを確認したらサービスエリアが限定されています。
サービスエリア内の調剤薬局さんは検討してみてはいかがでしょうか。
少しでも休憩室が楽しくなればいいですね。

オフィスグリコ

あとは食べすぎに注意。