導入するにあたってこちら(薬局)は何を用意すればいいですか?

と、処方せん共有システム「プリキャス」を導入を決めた薬局さんから質問をいただきました。

設置場所とコンセント2つ

まず、受付カウンターか受付近くに、サーバーPCとスキャナを置く場所を確保してください。
あと、それらの電源を取るためのコンセント2つを準備ください。

サーバーPCは業務開始時に電源スイッチを入れて、業務終了時に電源スイッチをオフするだけで、普段は画面を見る必要はありません。
なので、プリンター台やモニター台を用意して、上にスキャナを置いて下にサーバーPCを収納すればスペースの節約になります。
サイズもいくつかありますので、サーバーPCにちょうどいいサイズ選んでください。
こちらが横幅39cm

こちらは横幅59cm

タブレットスタンドと充電ケーブル

次に調剤室です。
調剤室にはタブレットを置きますが、タブレットをどう固定したいかでタブレットスタンドの種類が違ってきます。

タブレットスタンドも種類がある

まずは据え置き型。
タブレットの位置を移動したり、手持ちで使ったりする場合には据え置き型のタブレットスタンドが適しています。
この場合、しっかりしたタブレットスタンドをおすすめします。
こんなタブレットスタンドです。

持ち運びなどの簡易型のタブレットスタンドは不安定になる場合が多く、あまりお勧めできません。

次にアーム型。
調剤台などに固定し、タブレットが目線と同じ位置に来るように設置すると非常に使いやすいです。
アーム型のタブレットスタンドを選ぶ際の注意点は、アームがしっかりしているものを選んでください。
アームが細いものだと、タブレットの画面をタップしたときにタブレットが揺れて使いにくいのです。
今まで使ってみたなかでおすすめはこれです。

ちょっと高めですがアームがしっかりしているので使いやすいです。

長い充電ケーブル

プリキャスに使うタブレットはほとんどの場合、1日充電が持ちませんので電源ケーブルをつないで使用しますが、タブレットの場所によっては近くにコンセントがない場合があります。
その際には、長い充電ケーブルを購入してください。
Androidタブレットの場合はMicroUSBのケーブルを選んでください。
Amazonなどで「MicroUSBケーブル」で検索して購入してください。
iPad/iPad miniの場合はコネクターが違うので、ライトニングケーブルが必要です。
ipad ケーブル」で検索してください。

では。